ドローンの未来、AI・人工知能に支配される時代がやってくる。

私は、近い将来ロボットが活躍する近未来を予測することができます。

その中で私が最も実感していることは、堀江貴文氏も発言されている内容であるのですが、

生活の全ての道具や電化製品がロボット化つまりAI化して、市場価値における人の代わりとしてAI・人工知能が支配する時代が間もなく到来するのではないかと思われています。

私が、最も近未来を予感させたロボット的な内容としましては、ドローンの発達であります。

ドローンは、市場において、非常に活躍されており、空撮の機能としましては、人間が行くことのできない困難な樹海や、洞窟、ほら穴等、

また、空撮でしか伝えられない魅力等も満載です。近い将来、人間の代わりにドローンが撮影を請負形になる未来もなんとなく予測できます。

AI技術の革新が如実に伺えるシンボル「pepperくん」

このことから、人件費が大幅にカットされて非常に市場が活性化するのではないかと考えております。

また、ドローンは災害現場でも注視されており、人が入ることが困難な現場へ消防の方に代わり、空撮で人が生存しているかどうかの状況も確認することができます。

そう言った観点からも非常にドローンは注目されている形になっておりますので、災害現場においての多方面な活躍が期待されております。

ネット通販で快適な生活。ストレスフリー。

私がドローンでもうすぐ実現する内容であると予感しますのが、離島や、僻地において、ドローンでのピザやファーストフードの配達が可能になると言う近未来です。

これにより流通費が大幅にカットできる形で、市場に貢献できる形になり、流通業もますます進化すると言う形になると思います。

数学オリンピック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です