AI技術の革新が如実に伺えるシンボル「pepperくん」

Pepper君というのをご存知でしょうか。

外見は一応ロボットなのですがAIを使い、人を接客するロボットという形で浸透しています。

Pepper君は明らかにロボットだと思われますが、最近の人形のロボットは人間を精巧に作ったような形も出てきています。

特に女性の顔をかたどったロボットは一見人間だと間違うほど精巧なつくりとなっています。

このような形で人を接客する窓口業務は全てロボットに変わっても支障がないほど精巧なつくりと受け答えができるようになっているのです。

調理するロボットが登場、飲食店は変化の時代に突入した

こういったことから受付嬢の仕事は将来なくなるでしょう。近い将来20年後、いや10年後には需要がなくなってるかもしれません。

一昔前ではデパートにエレベーターガールが存在しました。が、今はほぼ壊滅状態なほど、エレベーターガールという職業は存在していません。必要性がなくなったと考えられるでしょう。

しかし、今のところ会社を初めデパートの受付嬢は存在していて、そのどれもが女性の職業となっているのです。

この彼女たちに代替できる存在としてPepperくんの進化版のロボットが女性の受付嬢として普及するものと思われます。

今は受け答えや応答が不確実な状態でこちらが質問しても、返答に値する良いに返事をしてもらえるとは限らないですし、間違った受け答えをする場合は多分にあると思われます、

しばらくの期間は改良に改良を重ね、進化し発展していくものと思われますので、数年後には確実な受け答えができるものに変化していると思われます。

そういった技術の革新が如実に伺えるものとしてPepperくんはシンボル的な存在として感じることができるでしょう。

そしてこのAI技術のほとんどが海外、おそらく中国から輸入して来る存在となると思われます。

AI技術に負けない子どもに育ってほしいものです。

https://www.wollaston-school.info/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です