調理するロボットが登場、飲食店は変化の時代に突入した

ロボットというのは人形のイメージがあります。

それも当然ロボットですので、イメージされるものというのはメインがそれでしょうが、

例えば二足歩行をしなければならないというわけでもありませんし、ローラーで動くようなタイプのものも十分にロボットと言えるのは間違いないです。

調理するロボットが登場、飲食店は変化の時代に突入した

そんなものですから、例えば飲食店などにそういうロボットを配置するということによって、人でをかなり減らすということが可能になります。

長期的に見ますと人手が減るというのは、全く宜しくないことではあるのですが、まず経済的に一度はこういうやり方で発展するということがあります。

注文を取りに行ったり注文を受けた料理を出すとか、そういうことにロボットが使えるようになりますと、かなりの人手を節約することができます。

サービス業と介護業界はロボット・人工知能で活性化するよね。

人手を節約することができるということになりますと、そのぶんのコストを下げられるということになりますので、別のところに経済的に投資を行うということができるようになるということになります。

そういう意味においてかなり優秀なのがロボットを導入するということになるわけです。

しかし、それは人の所得が減るということでもありますので、全てにおいてオールOKであるのかと言うとそうでもないのが難しい問題といえるでしょう。

ですがロボットですからミスをしないという点においても優秀です。

雇用において、物凄くよくないことではありますが人手不足といわれている飲食業界には少ないとなることでしょう。

大阪市の飲食店でもロボットを導入する動きがあるのだとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です