サービス業と介護業界はロボット・人工知能で活性化するよね。

何かと製造業に対する経済的効果ばかりが注目されているのがロボットによる経済の活性化というわけですが、サービス業などにもかなり投入されるべきものとなっているのは間違いないでしょう。

特に期待できるのが、なんといっても介護です。

介護でしっかりとロボットが導入できるようになるということになりますとはっきり言って人手不足でどうしようもないような介護業界においてものすごくうまくいくようになります。

但し、やはり一つ一つの事案に対してロボットで対応できるのかということも難しい問題になってしまうのは確かです。

しかし、体力勝負の部分に関してロボットの導入というのができるようになりますとこれはかなり期待できるというのは間違いないでしょう。

人手が少なくて済む様になる、ということになりますと何よりも有難いのは人手不足でなかなかは介護施設などに入れることができないというようなことを避けられるようになるということです。

土地が足りないというわけではないので介護施設自体は自治体のやっているところもあるわけですからとにかく人を増やすということができない以上、

大事になってくるのがロボットに言って人手を使わなければならない部分を減らせるという意味において介護はかなり期待できる部分と言えるでしょう。

但し、ロボットはどうしてもイニシャルコストが高いことになりますから、これは厳しいこともあります。そのあたりは援助するべきでしょう。

AI技術の革新が如実に伺えるシンボル「pepperくん」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です