陸海空ロボットの多様化

ロボットと言うとハイテク、高密度の都市などのイメージで自然とは真逆のものと思われるでしょうが、ロボットが広まると逆に自然が増えます。

高層ビルがロボットになると人々は高層ビルで何不自由なく暮らせるようになり、高層ビルは競うようにさらに高層化され、

人の住居に土地はそれほど使われなくなり、その高層ビルの周りには緑があふれるようになるでしょう。

ロボットがより便利になれば動植物の管理もより容易になり、近年問題になっている鹿やイノシシが人里に来ることですが

ロボットが管理し、人を守って来れるので高層ビルの周りに現れても問題ないですよね。

ロボットは社会インフラを構成するものもあれば、各家庭のシステムを構成するものもあり、そのどちらも人々が僻地で暮らすことを手助けするため、

都会は高層ビルが立ち並び、郊外では横に広い住宅や広大な庭、土地を持つ住宅が生まれるでしょう。

あるいは現在では誰も住めないような荒野もロボットにより開拓されそこに住みたい人が集まるようになります。

エネルギーは太陽発電や風力発電、地熱発電や潮流発電などの自然エネルギーを使い、

食糧はロボットに畑を耕かせるか水耕栽培プラントを管理させる、あるいはドローンで遠くから運ぶことで問題はありません。

人類は上空、砂漠、山、海底、海上、そして宇宙など多様な場所で住めるようになり様々なアイディアを生み出してさらなる自動化と巨大なシステムを作って行きます。

そしてさらに宇宙に進出し多様な自然に触れることになるでしょう。

ドローンの未来、AI・人工知能に支配される時代がやってくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です